「top」タグアーカイブ

東京大学リサーチ・アドミニストレーター認定授与式及び総長との懇談会

東京大学では、研究力強化に資する人材の育成・確保を目的に、リサーチ・アドミニストレーター(URA)制度を構築しました。本学においてURAとは、学術研究に係る諸活動を幅広く推進し、学術研究を安定的かつ継続的に進展させることを目的として、高度な専門性を持って主体的に業務を行う能力を有する者として定義しており、URAの育成・確保、さらには全学的な研究力強化を目指してURA認定制度を開始しております。平成28年度には本認定制度のもと、本学として初となるURAの認定を、15名(シニアURA5名、URA10名)に対して行いました。

 

去る2017年3月13日(月)、安田講堂特別会議室において、URAの認定者に対し、認定授与式を行いました。五神総長より認定証が授与された後、本学の研究力強化に向けて総長とURAとの懇談を行いました。

 

平成29年度以降もURA認定制度を引き続き実施し、研究推進や産学協創など様々な場面でのURAの活躍を推進していきます。

 


五神総長(前列中央)、保立URA推進室長(前列中央左)、小関URA推進室副室長(前列中央右)との記念撮影

 


五神総長による認定証の授与

 


五神総長とURAとの懇談会

「東京大学リサーチ・アドミニストレーター制度に関する実施方針」の策定

東京大学では、研究力強化及び研究活動の質的向上に向けたリサーチ・アドミニストレーター制度の実施方針として、「東京大学リサーチ・アドミニストレーター制度に関する実施方針」を役員会議決にて策定しました。
本学ではこの方針に基づき、引き続きリサーチ・アドミニストレーター制度の推進による研究力強化に努めていきます。

【終了】科研費特別セミナー

 

このセミナーは7月28日に終了いたしました。

ご参加有難うございました。

 


 

このたび、カブリ数物連携宇宙研究機構におきまして、

「科研費特別セミナー/科研費審査システム改革概要・大型種目獲得までの道のりを英語でご紹介します」

を開催する運びとなりました。本と鉛筆

ご興味のある方は奮ってご参加ください。

なお詳細はこちらをクリック⇒⇒⇒ 英語版  日本語版

 

※注意:このセミナーは学内限定です。

 学外から詳細情報へのアクセスはできません。

【終了】東京大学政策ビジョン研究センター(PARI)とJETROアジア経済研究所主催ワークショップ「欧州の研究マネジメント専門家から学ぶ: 国際連携研究で求められるスキルと役割」

下記ワークショップは終了いたしました。

 


 

海外と連携した研究事業の重要性が高まる中で、研究自体や研究推進の支援を実際どう進めればいいのか知りたいというニーズが研究者そして研究マネジメント人材の中で高まっています。
今回、オランダから国際連携研究や外部資金獲得のコーディネート、戦略策定を長年行ってきた研究マネジメント専門家を招き、欧州の国際連携研究や研究助成の動向をお話頂くとともに、これまでの取組み事例や課題とその克服ポイントについてお聞きします。日本と欧州それぞれの研究連携における問題事例、成功例などを知ることで、今後、研究者および研究マネジメント人材が、海外との共同研究にどのように取り組むべきかを考え、更に実践へのきっかけを作ります。
========================記=======================
【名称】ワークショップ「欧州の研究マネジメント専門家から学ぶ:国際連携研究で求められるスキルと役割」

【日時】2016年3月9日(水)09:30-12:30(予定)9:00 受付開始

【会場】東京大学弥生講堂アネックス・セイホクギャラリー

【主催】東京大学政策ビジョン研究センター(PARI)、JETROアジア経済研究所

【言語】日本語・英語(同時通訳あり)

【対象者】URA、大学職員、研究所職員等の研究マネジメント人材、研究者(特に若手でこれから国際も視野に研究連携を進めたい初心者の方)何れも上記の職務に関連する方に限ります。

詳細 http://pari.u-tokyo.ac.jp/event/201603/uas/1563