第1回リサーチ・アドミニストレーション・セミナー「国際研究ネットワーク構築と 欧州研究資金獲得に向けて」【配布資料付】

 

平成27年3月4日、東京大学小島ホールにおいて、(東京大学)リサーチ・アドミニストレーター推進室が、生産技術研究所と共催で、EURAXESS Links JAPANとJEUPISTEプロジェクトの協力を得て、リサーチ・アドミニストレーション・セミナーを開催いたしました。

 

第1回となる今回は、「国際研究ネットワーク構築と欧州研究資金獲得に向けて」と題して、国際共同研究ネットワークをいかに構築するか、欧州の研究資金を日本の研究機関や研究者がどのように活用できるか、そのための様々なサービスにはどのようなものがあるかに関し て、事例紹介と共に情報提供、及び、問題提起を行いました。

 

セミナーには学内外、そして、海外からの研究者などを含む50名の方々が参加し、事例紹介、パネルディスカッションにおいては活発な質疑応答が行われ、セミナーは盛況のうちに終了しました。また、その後のオープン・ネットワーキング・セッションでも多くの方々が熱心にディスカッションを行い、国際研究ネットワークの構築や欧州研究資金の獲得に関する関心の高さがうかがえました。

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

リサーチ・アドミニストレーター推進室では、今後も将来を見据えた研究支援の在り方を多方面の方々と共に考えていくセミナーの開催を進めてまいります。

 

■プログラム■   司会: 生産技術研究所 URA 西村薫

13:00-13:05  主催者ご挨拶
リサーチ・アドミニストレーター推進室 研究推進部長 小野幸嗣
13:05-13:15  東京大学における国際共同研究の重要性について
副学長・国際本部長 羽田正  <資料>
13:15-13:55  EU研究事業のご紹介
JEUPISTEプロジェクト/NCP プロジェクトマネージャー 市岡利康  <資料1>  <資料2>
13:55-14:35  EURAXESS とEURAXESSLinks Japanの活動について
EURAXESS Links Japan 代表 Matthieu Py  <資料>
14:35-14:55  コーヒーブレイク
14:55-16:15  パネルディスカッション
・共同研究紹介

   日仏共同研究プロジェクトEUJO-LIMMS EUプログラムマネージャー Nathalie Frances <資料>
・フェローシップ紹介

   Marie Curie Action (FP7)フェロー Dr. Maurizio Gullo  <資料>
・パネリスト

   東京工業大学准教授 久世 正弘 <資料>

    東京大学生産技術研究所副所長 藤井 輝夫 <資料>

    JEUPISTE プロジェクト/NCP プロジェクトマネージャー 市岡 利康

    EURAXESS Links Japan代表 Matthieu Py

・ファシリテーター

   カブリ数物連携宇宙研究機構 URA 佐野恵利子
16:15-16:20  ご挨拶
リサーチ・アドミニストレーター推進室 教授 矢野正晴
16:20-17:20  オープン・ネットワーキング・セッション

——————————————

          ※資料はすべて学内限定
※講演の一部の動画を、教職員向けに限定公開しました。
東大TVのサイトへ