URA勉強会を開催しました

 東京大学では、本学認定URAの全学的なネットワーク構築を通じ、本学の研究力強化に資することを目的として、リサーチ・アドミニストレーター連絡会議(URA連絡会議)を開催しています。今年度は、認定URAのスキルアップに資することを目的として、新たにURA勉強会を企画・開催いたしました。
 URA連絡会議の主眼が情報共有・課題共有によるURA業務の活性化(通常業務を中心にして周囲を見つめる視点)であるのに対し、URA勉強会は各人の活動の幅を広げるためのきっかけ作りとして位置付け、通常業務とは異なる広い視野を意識しました。また、認定URAで「考える時間を共有する」ことで互いの思考・価値観を知り、それをURA連絡会議等にフィードバックすることで、URA間連携の高度化を目指したいと考えています。
 初めてのURA勉強会となった今回は、大阪大学経営企画オフィスの川人よし恵氏をお招きし、「SukimaをSchemeに」というタイトルでお話しいただきました。「URAとしての仕事を見直す良い機会となった」といった声も聞かれ、企画者の意図を汲んでお話ししてくださった川人さんの講演が、参加URAの心に届いたのではないかと思います。