平成29年度リサーチ・アドミニストレーター研修を実施しました

東京大学では、去る2017年5月29日(月)、6月2日(金)、6月14日(水)の3日間にかけ、本部棟12階大会議室において、リサーチ・アドミニストレーター研修(URA研修)を実施し、全学の教職員のあらゆる層から70名が受講しました。
本研修は平成26年度より実施しており、今年度からは昨年度に策定した「東京大学リサーチ・アドミニストレーター制度に関する実施方針」に基づき、URA認定制度との連携を踏まえ、認定に際し必要な知識の習得に向けた「必修編」と、URA業務に関連する内容を広く扱った「研鑽編」の2つの区分による新たな研修内容にて実施しました。

 

「必修編」では、プレ・アワードやポスト・アワードといったURAの中心的な業務についての知識やケーススタディーに関する講義を行いました。また、今回はURAとしてのより実践的なスキルを身に付けることを目的としたグループワーク形式での研修を取り入れ、受講者からは特に好評をいただきました。

 

「研鑽編」では、IRや研究広報、国際連携支援など、多岐にわたる分野に関して、専門性を有する学内外のURA等から講義を行いました。

 

本学は今後もURA研修制度を引き続き実施し、研究力強化に資する人材の育成に努めていきます。

 

・会場の様子

 

・グループワークの様子